Subscribe via feed.

食欲抑制剤とは

Posted by vivid on 2011年10月19日 – 11:23 PM

ダイエットをしているという男性、
メタボを解消するために
日々妻から口うるさく言われているという男性、
食事の量を制限する、制限されることによって
ストレスが溜まってませんか??
男が食事を制限しながら
生活を送るというのは、
かなりキツイダイエットの方法だ。
と言われているんです(*_*)

女性と違って男性は
食事を摂らないと過剰にストレスが溜まって
イライラしてしまう人が多いんです。
女性はそれほどイライラしないようですが、
自分が満足いくまで食べられないと
どうしても不満が残ってしまうんですよね、男って。

周囲に当たってしまったり、
何かで発散しないといられない、
という人も多いです。
感情をうまくコントロールするためにも
「食欲抑制剤」に頼るという手段を
とっている人がいるようですよ。
運動をすればいいという話かもしれませんが、
仕事が忙しいとなかなかそこまで運動できないんですよね;;
それならやっぱり食事の量をコントロールするしか
方法がないんです;;

無理に食事を摂らないのではなく、
食欲抑制剤の効果によって
「食べたくない」という気分になるらしいので
ストレスが無いんです(^_-)
自分の脳自体が「食べたくない」というように
感じてくれるようになるので、
食べなくても不満が積もらないんです。

それほど食べたいという感情が沸かないので
食事を摂らないでも
苦がないまま生活することができる、
簡単に言えばそういうことになります。
…でも全く食べなくなってしまうというのは
逆に危険なことなんですよね;;
栄養はほどほどに摂取していかないと
病気になりやすくなるということもあるんです。

食欲抑制剤に頼りすぎることにより、
過剰に食事の量が減ってくると
体調不良の原因になったり、
服用を辞めた際のリバウンドの可能性が高まるんです;;
ダイエット前より太ってしまうということもあります。
なので、頼りすぎず、
例えば外食で高カロリーなものばかり
食べてしまいそうなときだけにするなど
自分で飲む必要があるかどうか
見極める必要がありますね♪


This post is under “ダイエット外来” and has no respond so far.
If you enjoy this article, make sure you subscribe to my RSS Feed.

Post a reply